ULSA M5B

IoT向け次世代コンパクト

超音波式風速計

M5Stack※搭載可能、高性能9-DoFセンサー内蔵。

ユーザープログラムで風向補正、タッチパネル操作、Wi-Fi、Bluetooth伝送、大容量データロギング等が可能!

※非同梱。 M5StackはShenzhen Mingzhan Information Technology Co., Ltd.の登録商標です。

ULSA BASIC

超音波風速計の世界に飛び込もう!

これまではとても高価で手が出なかった超音波式風向風速計。

だけどこれからは "ULSA" があるさ!

heavy

気球技術開発から生まれた、

業界最小・最軽量クラスの超音波式風速計


コンパクト

直径 75mm

高さ 56mm

軽量

85 g (BASIC)

91 g (M5B)

高分解能

0.01 m/s

高速応答性

50Hz

サンプリング


豊富な出力

オプション

CSV

NMEA0183

外観

ULSA スタートアップガイド

測定に必要な最小限のセットアップについては

こちらをご覧ください。

Specifications

ULSA M5B

ULSA BASIC


機械的仕様

直径

高さ

筐体材質

質量

防水等級

固定方法

直径75 mm

54 mm(M-BUS端子含まず)

MJF方式3Dプリント HP PA12

91 g

なし(非防水)

1/4インチネジ(カメラ三脚互換)


56mm


85g




電気的仕様

消費電力※1

動作温度※1

出力端子

ビットレート

385 mW

0~60 ℃(結露なきこと)

USB microB / JST ZH / M-BUS

4800 / 9600 / 19200 / 38400 /

57600 / 115200 bps



USB microB / JST ZH


計測仕様

出力項目


出力レート※1

プロトコル※1

分解能※1

計測範囲※1

計測精度※1

風速 / 風向 / 機首方向対気速度 /

音仮温度 / 音速

1 / 2 / 5 / 10 Hz

※115200bps時のみレート選択可

CSV / リスト形式 / NMEA0183

風速  :0.01 m/s

風向  :1 °

音仮温度:0.01 ℃

風速:0~20 m/s (※2)

風向:0~359 °

風速  :±5 % (※3)

風向  :±1 ° (※3)

音仮温度:±2 ℃ (※4)









※1 – 仕様は予告なく変更する場合があります。

※2 – 2022/08/22時点で確認できた実測最大値になります。

※3 – 風速5.0 m/s時

※4 – 音速から求められる仮想温度であり、気圧や湿度等の影響を受けるため実際の温度とは異なります。

M5Stackデモファームウェア

ULSA M5BにドッキングするM5Stack Core2風速計デモファームウェアの導入手順です。

すぐに風速計機能を試すことが

できます。

ULSA 3Dモデル

ULSAの外形参照用3Dモデルを

ダウンロードできます。CADに取り込んだり、ARで大きさを

イメージすることができます。

配布形式:STEP / STL / USDZ

ULSAファームウェア

(準備中!)ULSA BASIC / M5Bの機能向上・バグ修正のためのファームウェアを配布しています。

テクニカルドキュメント

(準備中!)ULSAの仕様、

使用上の注意点等を記しています。

お問い合わせ・FAQ

ULSAについてのお問い合わせや初期不良については、

下記フォームからお問い合わせください。


商品お受け取り後、初期不良品のみ交換を承ります。

お受け取り後7日以内にお申し出ください。


ULSAとはなんですか?

ULSAは超音波式風向風速計 ULtraSonic Anemometerから頭文字を取ったものです。

「アルサ」と呼んでください。

ULSAはSTRATOVISIONにおける滑空回収型気球の研究開発途上で生まれた技術です。ULSAをご購入いただいたみなさまのサポートにより、STRATOVISIONはまだ見ぬ新しい気球技術の開発に向けて、歩みを進めることができます。

屋外で使えますか?

ULSA M5B / BASICは防水仕様ではありません。

屋内や晴天下での一時使用(雨天では使用しない屋外アプリケーション)でご活用ください。

例)ドローン搭載、パラグライダー場への臨時設置等

設置・固定はどのように行いますか?

底面部に1/4インチねじがあります。お持ちのカメラ用三脚を用いて固定・設置することが可能です。

気象観測に使用できますか?

気象観測を行うには、気象業務法に定められた方法(施設の届出・測器の検定)で行う必要があります。ULSAは非防水製品のため 、気象測器の要件を満たさず、検定を受けることができないため、気象観測業務の用に供したり、測定データを気象観測値として外部に公開することはできません。

Copyright © 2022 STRATOVISION